外国の人に食べさせたい日本の食

CONTENTS

外国人が日本食と聞いて思い浮かべるものは

外国の人に食べさせたい日本の食
45歳 女性
外国人が日本食と聞いて思い浮かべるものは、「すし」が多いのではないでしょうか。実際、海外に出店している「すし屋」も多く、器用におはしを使ってすしを食べる外国人を見ても、あまり驚かなくなりました。

中には、日本人には「すし」と認めたくないような、あやしいものもあるようです。

しかし、日本のカレーとインドのカレーが違うように、その国々で食べやすいようにアレンジされていると思えば、仕方がないことかもしれません。
海外で独自にアレンジされるほど、日本食が受け入れられている理由は、日本食に「ヘルシー」なイメージがあるからだと思います。豆腐、納豆、野菜の煮物など、日本食にはまだまだ「ヘルシー」な食べ物がたくさんあります。
少し洋風にアレンジして、野菜の煮物を作れば、「すし」だけでない、いろいろな和食がもっと受け入れられていくのではないでしょうか。是非、外国の人達にも和食の「出汁の味」を知ってほしいと思います。